テイストから学ぶアンティーク家具:北欧

アンティーク家具は国内でも人気のあるアイテムとして利用されています。高価なアイテムも多いのですが、アンティーク風に作られている新しいものもあり、希望する価格帯に合わせて選ぶことも良い方法と言うことができます。

アンティーク家具に分類されているものの中には北欧家具と呼ばれるものがあります。このタイプも近年では注目されている家具として成立しており、実店舗の他にインターネット上では専門店などがサイトを用意している状態にあり、通信販売としても購入することができます。

北欧家具の場合では、そのテイストに注目されることが多く、独特のスタイルが人気を持っている理由になります。メインとされている家具の種類は多く、例えばチェストやキャビネットなどの収納することを目的にしているもの、他にはテーブルやチェア、ソファーなど、アンティークチェスターフィールドも人気の高いものが用意されています。

テイストに関してはアンティーク調の北欧家具の場合では、木材をそのまま活かしたナチュラルカラーが多いと思われがちですが、実際に販売されているものとしては、木目を活かした状態で塗装が施されているものも数多く存在しています。

例えば原色カラーに設定されているものも多く、木材の上にブルー系のステインなどを塗ることによって、独自性を保っているものも多く用意されている状態にあります。

スタイル的な部分としては、全体的には飽きのこないデザインに仕上がっていることも特徴とされていて、シンプルなデザインの家具類がメインとされています。

シンプルながら機能性に優れていることや、デザイン性が高いこともメリットとされており、この点に関しては様々なスタイルを持っているものがありますが、例えばキャビネットの場合では、脚の部分の形状などにも特徴を見ることができます。

使われている素材に関しても特徴があり、元々が寒冷地で作られたものが発祥とされていることもあって、寒さに強い木材がメインとして利用されていることになります。また、室内では暖房器具などを利用することになるために、寒暖差の激しいような地域で利用した際にも、比較的変形などを起こしにくいものがメインとして販売されていることになります。

アンティーク家具の中には現代風にアレンジされているものも多数用意されているのですが、古い時代に作られている本物のアンティークの場合であっても、十分に耐用性を兼ね備えたものも多く用意されており、室内のインテリア用品としても活用できるもの、そして、飲食業や雑貨店など商用での什器としても活用できるものも用意されています。